男子の平均身長

文部科学省が定期的に行っている満5歳児から17歳までの身体の発育状態や健康状態を調査したデータがあります。

こちらでは直近に行われた対象年齢の子供(全国)約70万人から、その発育状態を知るひとつの手掛かりとして年齢別で平均身長の推移を調べてみました。

男子の場合はどのようなことが見えてくるでしょう。



年齢別の男子平均身長


直近の調査による現在の平均値と25年ごとの平均身長の推移
現在 25年前 50年前
幼稚園年長 110.3cm 110.8cm 108.7cm
小学校1年生 116.5cm 116.7cm 113.3cm
小学校2年生 122.4cm 122.5cm 118.8cm
小学校3年生 128.0cm 127.9cm 124.0cm
小学校4年生 133.6cm 133.3cm 128.8cm
小学校5年生 138.9cm 138.3cm 133.6cm
小学校6年生 145.1cm 144.3cm 138.5cm
中学校1年生 152.5cm 151.3cm 144.7cm
中学校2年生 159.7cm 158.6cm 151.7cm
中学校3年生 165.1cm 164.4cm 158.3cm
高校1年生 168.3cm 167.8cm 163.6cm
高校2年生 169.8cm 169.6cm 165.7cm
高校3年生 170.7cm 170.5cm 166.8cm

いかがでしょうか。

この表からも分かる通り子世代と父親世代の平均身長差に比べ、祖父世代との差は著しく目立っています。

その理由として、成長期に摂取した栄養が大きく関係しているのではないかと言われていました。



男子の身長の伸び方

新生児~1歳児

この時期は一番大きく成長をする時期ですが、若干ではあるものの男子の方が早く大きくなるようです。

身長は生まれた時に比べ1歳では約1.5倍になると考えていいでしょう。

その後は思春期を迎えるまで一定割合で徐々に伸びていきます。


思春期

日本産科学会が目安として発表している男子の思春期である9歳~18歳に入ると、身長の伸び方はある時期をピークに急激に伸びて、その後は徐々に伸び率が低くなりやがて変化が無くなります。


この思春期に分泌されるテストステロンという男性ホルモンの影響を受けて、成長ホルモンが活性化して身長が爆発的に伸び始める一方、骨が発芽する「骨端線」を固めてしまう作用もあるので年齢が高くなると伸びにくくなります。


身長を伸ばすポイントを指す男性

男子の場合、女子に比べて思春期の訪れは2年ほど遅い傾向があるため、身長もまた女子より遅く伸び始め止まるのもゆっくりとなるようです。

そんな男子の最終的な身長を決める思春期までに、どれくらい身長を伸ばしておけるかというのが低身長を脱出する大きなポイントとなるでしょう。

そのためには日々の睡眠と運動、そして栄養バランスの取れた食事に気を付けなければなりません。