日本人の平均身長の変化

日本人の身長は「昔は低かった」という感想をお持ちの人は多いと思いますが、その「昔」とはどのくらいまでを考えてのことでしょうか。


実は日本人の身長は江戸前期に一番低く、それ以前を辿ると7cm~8cmも平均身長が高かったことが分かりました。

また現在でも、世界的に高身長化は続いていると見られているようです。

そんな身長にまつわる歴史を調べてみました。



平均身長の推移


身長の推移を表すグラフ

明治以降の日本人の身長の伸び率は、世界的にも類を見ないほど急激に上昇しています。

これに関してはほとんどの人が想像している通りと考えていいでしょう。

しかし、それ以前を見てみると以下のようなデータがあります。


歴史の中の日本人の身長
男性 女性
縄文時代 158cm 149cm
古墳時代 163cm 152cm
鎌倉時代 159cm 145cm
室町時代 157cm 147cm
江戸前期 155cm 143cm
江戸末期 156cm 145cm
明治時代 155cm 145cm
大正時代 162cm 151cm
昭和前期 165cm 153cm
昭和後期 167cm 157cm
現代 171cm 158cm

いかがですか?

大昔は出土した人骨から身長を測定したものの平均が情報元になっているとはいえ、古墳時代の日本人は昭和前期に匹敵するくらいの高身長であったことが分かりますよね。


その大きな理由として挙げられているのは、その時代の食生活による栄養の摂取量やその偏りであると言われていました。

つまり、まだ完全な農耕民族とは言えなかった古墳時代や鎌倉時代までは、日本人も狩猟をして魚や動物の肉を豊富に食べていたのだそうです。


田植えの風景

しかし農耕が盛んになり、危険な狩猟をしなくても日々の食料を得られるようになると栄養面ではバランスを崩し、さらに追い打ちをかけるように江戸時代には積極的に肉食が禁止され菜食が主になりました。


その結果、江戸時代の人々が日本の歴史上一番身長が低くなってしまったと結論付けられています。

また、大正以降の身長の伸び率が目覚ましいのも、食の欧米化によって菜食+肉食という理想的な栄養バランスが実現したためだそうです。

このように数字で示されると栄養と身長の関係に納得せざるを得ませんよね。



世界の身長の歴史

19世紀に入ってからの世界の国々の平均身長を示すデータがありました。

それによるとほとんどの国で多少の上下移動はあるものの、どの国も平均身長は上昇線を描いて高くなっています。

その中で特徴的な事象を挙げてみました。


・日本は1880年以降、どの国よりも急激な身長の伸び率を示している

・その日本にほぼ近い上昇線を描いているのは韓国である

ヨーロッパ、アメリカ共に1950年くらいから伸び率が緩やかに変化している

・日本もまたこの10年くらいはほぼ横ばいで大きな変化はない

・19世紀以前の中国はヨーロッパよりも身長が高かった


これらのことから見えてくるのも、やはり国の豊かさと国民1人1人が摂る日々の食事が身長に影響を与えているということです。

つまり現代人の身長が高くなった背景には、その国の発展や他国からの支援があるものと思われます。