低身長のデメリットとは

現代の子供は親や祖父母の世代に比べて平均身長が高くなってると言われていますが、今でも低身長に悩む子供は数多くいます。

むしろ身長の高い子が周りに多いからこそ余計にコンプレックスに感じてしまうということの方が多いのではないでしょうか。


低身長に悩み泣く子供

子供の世界はシビアなもので、身長に限ったことではありませんが周りと違う特性を持っているというだけで他の子とは違う扱いを受けたりしてしまいます。

最初は些細なこと、ちょっとしたからかいだったことがいじめに発展したり、恋愛やスポーツへの自信喪失の原因となってしまうこともあるのです。

特に子供時代というのは人格形成のために大切な時期なので、子供の小さな悩みだと放っておいてしまうと、大人になった時により大きなコンプレックスとして残ってしまいます。


身長が低いというだけでこんなに悩まなければいけないというのもおかしな話です。

ですが、これらの事実がある以上はそれを受け止め、理解し、子供に何ができるかを考えていかなければなりません。


身長が低いことがきっかけで起こりうるデメリットを知り、子供の悩み解消に近づけるようにしましょう。



低身長は本当に悪いことだらけなのか

また、低身長のせいで不利であることのストレスから身長が伸びにくくなってしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。


身長が伸びない原因になるものとしてストレスが挙げられますが、ストレスを受けているからといってそれだけが原因となるわけではありません。

親がきちんと栄養管理をし、食事に気を配ることで育ち盛りの子供には身長を伸ばすきっかけとして成り立つのです。


親から食事を与えられる子供

どちらにしても、何か一つのことだけを原因だと思い込むのは良くありません。

規則正しい生活をし、バランスの良い食事を心がけ、ストレスの無く健康的な生活のサポートをしてあげるのが大切です。


また、背が低いから全くメリットが無いというわけではありません。

背が低いからこそ高身長な人よりも有利になる場面はもちろんあります。

むしろ、女の子の場合は周りの子よりも背が高いとそれがコンプレックスになってしまう子もいます。


男の子の場合は小さいことがコンプレックスになることの方が圧倒的に多いですが、女の子の場合はそうとも限らないのです。

それこそ子供のうちは「チビ」とからかわれるかもしれませんが、大人になると背の高い子からは羨ましがられることもしばしばあります。



低身長で不利になること


いじめ問題

小中学生の子供たちにとってはとても身近な恐れている問題です。

身長だけが原因と限りませんが、いじめの原因の一つになってしまっているのも事実です。

身長が低いことで周囲から弱い立場と見なされ、いじめられて悩む子供が多く見られます。

なぜ背が低いといじめの原因となってしまうのか、いじめの本当の原因とは何にあるのか考えていきましょう。



恋愛で不利

思春期を迎えた子供は特に気にすることではないでしょうか。

身長が恋愛で不利というのは女子よりも男子のほうがコンプレックスに感じやすいものです。

女子が読む少女漫画などに登場するイケメンキャラは皆高身長であることから、女子は背の高い男子を求めている傾向が強いです。

女子でも「背の高い男性と釣り合いが取れるようになりたい」「スタイル良く見られたい」などの理由で悩む子供も多く、低身長は恋愛に不利と感じている子供は多いようです。



スポーツや競技

身長が低いと多くのスポーツで不利だと思われがちですが、そうとも限らないようです。

野球やサッカーなど、人気が高いスポーツにおいては不利な点が多いので低身長はスポーツで不利と決めつけてしまいがちです。

ですが意外にも低身長の方が有利なスポーツは多いのです。コンプレックスを自信に変えることができれば、思い切りスポーツを楽しむことができます。



日常生活

やはり何よりも身近な問題なのは日常生活ではないでしょうか?

高いところの物が取れない、見通しが悪いというのが不便なことのイメージとして定着していますが、もっと沢山のデメリットが子供を悩ませています。

身長が小さいと必ず言われるであろう「可愛い」という褒めているつもりの言葉でも子供は傷つくこともあるのです。

そんな日常に潜む子供の悩みの種がどのようなものなのか、知っておくと良いでしょう。