子供の身長を伸ばすためにできること

「両親の背が低いから子供の身長も伸びないかも…」と心配している人は多いのではないでしょうか?


背を伸ばす鍵となるのは遺伝ではなく、生活習慣です。

親子だと自然と生活習慣が似てきてしまうことから、必然的に似たような体型になってしまうケースが多いと考えられます。


子供の身長を伸ばしたいとお考えの方は、日頃の食事や睡眠、運動に気を配ることが大切です。


食事と睡眠と運動の生活習慣

身長を伸ばすにはカルシウムというイメージがありますが、カルシウムを積極的に摂取したところで残念ながら身長に影響はありません。

骨を伸ばして身長を高くするためには必要な成分がたくさんあります。それらの成分が含まれている食品をまんべんなく、バランス良く取り入れることがポイントです。


睡眠は言うまでもなく、「寝る子は育つ」と言うように睡眠時間は身長に大きな影響を与えます。

子供の年齢によって理想的な睡眠時間は異なりますのできちんと確認し、できるだけ年齢に見合った睡眠時間を取れるようにしましょう。



無理な押し付けは厳禁

ですがあまりにも嫌いな食べ物を押し付けようとしたり、運動の無理強いをするとそれがかえってストレスとなってしまいます。

ストレスは成長の妨げとなってしまうことがあるので子供が嫌がる事は無理強いをしないようにしましょう。


子供が受けるストレス

何も「食事」「睡眠」「運動」の全てを完璧に行うことは無いのです。

できる範囲で、少しでもそのことに気をつけながらストレスの無い生活を送るようにしましょう。

その補助として、食事では摂りきれない栄養をサプリメントで摂取するのがベストです。


また、子供の知識だけでの間違ったダイエットや不規則な生活は、成長だけでなく健康面にも非常に良くないので止めましょう。



背を伸ばす行動と妨げになる行動


背を伸ばすための食事

骨にはカルシウムが必要というイメージが世間に強く根付いており、身長を伸ばすためには牛乳!と思いがちかもしれません。

ですがカルシウムだけでは骨の成長は期待できず、他の様々な栄養素を摂ることでより丈夫な骨になるのです。

骨の成長に良い効果がある栄養として、亜鉛やたんぱく質、ビタミンB群などが挙げられます。他にも必要な成分はあり、これらをバランス良く取り入れることが成長への第一歩です。

また、朝食もとても重要であり、和食がおすすめだとも言われています。




睡眠の重要性

「寝る子は育つ」とはよく言ったもので、身長を伸ばすには睡眠時間が密接に関わってきます。

人間は寝てる間に成長ホルモンが分泌されるので、睡眠時間が短くなればなるほど成長ホルモンの分泌も減り、骨の成長を止めてしまうことになります。

また、夜更かしをしてしまうと自然とその流れで朝食を抜くことも多くなり、そこから栄養が不足してしまったりします。睡眠は生活習慣の軸となるとても重要なものなのです。




運動と成長の関係

運動をすると骨の成長を促す効果がありますが、この15年間で子供の運動量は減少傾向にあります。

適度な運動をすることで睡眠の質を高めたり、姿勢を良くして血流をスムーズにするなど様々なメリットが大きく出てきますが、現代の子供は運動不足の傾向が見られるのです。それにはゲーム機の普及や公園の減少など様々な原因があります。

子供には運動が必要不可欠なものであり、それが不足していると食事や睡眠とのバランスが上手く取れなくなってしまいます。




ストレスと身長の関係

年齢を重ねていくにつれ、子供が受けるストレスは大きくなっていきます。子供は大人に比べてストレスの上手な解消方法もわかっていないことで、ダメージがより大きくなってしまう可能性があります。

ストレスを受けると成長ホルモンの分泌が減少してしまったり、寝不足や食欲の低下の原因に繋がってしまいます。

大人がきちんと子供に愛情を注ぎ、子供が受けたストレスを少しでも緩和してあげることが大切です。




やってはいけない事

子供の身長を伸ばすにあたって、やってはいけない事がいくつかあります。

例えば間違った知識でのダイエットは、栄養不足になり背が伸びないだけでなく不健康になってしまいます。

また、過度な運動も関節に負荷をかける行為ですのであまり良くありません。

そして当たり前ですが不規則な生活習慣もNGです。

遺伝だからと諦めることなく、健康的な生活を送ることが成長のきっかけとなるのです。