どうしたら遺伝に勝てるのか

身長が伸び悩んでいる子供をお持ちの親にとって、身長は遺伝で決まるのかどうかという点は非常に気になるところでしょう。

実際に周囲を見回すと、身長が低い両親に同じく低身長の子供たちというようなケースが目に入ってきますよね。


では一体、どこまで遺伝が身長に関係しているのでしょうか。

実例なども交えて見ていきたいと思います。



身長と遺伝

自分の背が低いと子供も低身長のまま成長が止まってしまうかもと不安に考えている人は多いようです。

しかし、現在の医学では身長と遺伝の関係が100%解明されておらず、「関係がないわけではないが、あるとも言い切れない」という何とも煮え切らない状況でした。

また、身長に対して遺伝が関わるパーセンテージなども医学界において正式発表はされていないようです。


とはいえ、一般的に見かける遺伝が身長に与えるのであろう数字は「25%」「2割」などが多いようですが、これはどういうことなのでしょう。

不思議に思って調べてみたところ、その根拠はどうやら「そこそこ関係ある」という認識からなんとなく生まれたに過ぎない仮定の数字ではないかと思われます。


というのも身長と遺伝の関係を数字で表している医師や専門家が見当たらないのです。

つまり、そのくらい遺伝と身長の関係はまだまだ未知数だと考えていいでしょう。


ここに興味深い実例があります。

あるアンケート調査で両親の身長と本人、そして兄弟がいる人はその兄弟の身長も答えているものがありました。


姉が小さい家族
姉だけ小さいです。

兄が急に伸びた家族
兄は15歳まで小さかったのに急に伸びました。

私だけ大きい家族
私だけ頑張りました。

母だけが小さい家族
母だけ小さいので可愛いです。

私より弟が小さい家族
私と弟が逆なら良かったのに。

いかがですか。

このアンケート調査の中だけでも両親の身長と子供の身長が比例している例はわずかしかありませんでした。



遺伝より生活習慣

では、どうして高身長が揃う家族や低身長に収まっている家族がいるのでしょう。

そこには遺伝よりも影響を受けやすいとされている、その家族特有の生活習慣があるのではないかと考えられます。

そんな低身長になってしまう生活習慣とは?


  1. 食生活
  2. 食卓を囲むことが多い家族、知らない内に栄養の偏りも全員で共有してるかも。

  3. インドア
  4. 活動的でない両親と行動を共にする子供の運動量は足りてますか?

  5. 夜更かし
  6. 不規則な睡眠や寝不足、子供の夜更かしに甘くなっていると身長に影響するかも。

  7. 仲が悪い
  8. 両親や兄弟など家族間の仲がぎくしゃくしていると子供にかかるストレスは大きいですよね。


これらの悪習慣を改善して骨が伸びるために必要な栄養成分をしっかり補えば、たとえ両親が低身長でも子供の背が高くなる可能性は十分にあると考えていいでしょう。

そんな遺伝に負けないためには手軽に栄養補給できる適切なサプリメント摂取がおすすめです。