ホルモンが成長に与える影響

人間の身長が伸びなくなるのは一体どうしてなのかと考えたことはありませんか?

「子供の頃には背が伸びて、大人になったら止まる」のが当たり前なのですが、ではどうして大人になると骨が伸びなくなるのか人間の身体のメカニズムをご紹介したいと思います。

そこには生体をコントロールするための伝達物質である「ホルモン」がそれぞれに関係しているのです。



ホルモンとは?

○○ホルモンという言葉が日常的に使われています。

たとえば「男性ホルモン」「女性ホルモン」、または「成長ホルモン」などは聞き慣れた名称でしょう。


ホルモンの種類が書かれた黒板

これらからも分かるようにホルモンというのは1種類ではなく、なんと現時点で100種類以上も発見されていてその数はこれからも増えるであろうといわれているのです。

さて、そのホルモンですが種類によってそれぞれに役割があり、主な仕事は身体の機能を正常に保つための連絡役となっています。


成長ホルモン→成長促進や脂質代謝調節

甲状腺ホルモン→細胞全ての新陳代謝や発育を促進

エストロゲン→女性機能を調整させる

テストステロン→男性機能を調整させる

コルチゾール→三大栄養素の代謝や抗アレルギー作用

インスリン→血糖値の抑制作用


これらはほんの一例にすぎず、100種類以上ものホルモン物質はそれぞれ相互関係にあり、どれかひとつでも分泌量に変化があればすなわち体調や健康も変化してくるのです。

そんなホルモンですが、生成される素材別に大きく3つのグループに分けられています。


  1. アミノ酸から作られるペプチドホルモン→成長ホルモン、インスリンなど
  2. コレステロールから作られるステロイドホルモン→エストロゲン、テストステロンなど
  3. チロシンの誘導体アミン→アドレナリン、ノルアドレナリンなど

つまりホルモンとは人間が生きていくために必要な情報を運び、それぞれの部署に指令を出すメッセンジャーのような役割を担っていると考えていいでしょう。



成長とホルモンのメカニズム

子供の成長にはその体内で大きく関わるのが、その名の通り成長ホルモンです。

この成長ホルモンの分泌によって、骨の細胞が増えて身長を伸ばすことになるのですが、その働きを助ける甲状腺ホルモンの存在も忘れてはなりません。


そして子供がある程度まで成長するとエストロゲンやテストステロンなどの別名「性ホルモン」と呼ばれるホルモンが作られ始めます。

すると子供の身体は男子は男性らしく女子は女性らしく変化し始めて、それぞれの性機能が活発化していきます。


女性ホルモンと男性ホルモンイメージ画像

と同時に、この性ホルモンの分泌が盛んになると成長ホルモンは骨に与える「伸びろ」という指令を出さなくなり、身長が止まり始めるという経路を辿って大人の身体へと変化するのです。

思春期が訪れると性ホルモンの分泌が盛んになるので、少しでも思春期の訪れを遅らせることができれば身長を伸ばすチャンスはより多くなります。

思春期と成長の関係についてもよく確認しておくと良いでしょう。


これが「大人になると身長の伸びが止まる」という、成長とホルモンの仕組みでした。

つまり、背を伸ばすには子供の時期の過ごし方が大切だというわけですよね。