芸能人の慎重偽証疑惑に迫る!

華やかな芸能界では日々多くの新人がデビューしていますが、芸能人として長く活躍できるのはほんのわずかですよね。

そんな厳しい芸能界でだんだん知名度が上がってくるとプロフィールも一般に知られるようになるのですが、中には体型に関する数字に「あれ?」と感じることってありませんか?

特に大スターと言われる芸能人の身長って公称と実際に差がある人が多いと言われています。

そんな身長偽証疑惑の噂がある芸能人を調べてみました。


怖い!ファンの目

芸能人を誰よりもしっかり見ているのは、その芸能人のファンではないでしょうか。

そんなファンの目はスターの身長をも見抜いているのかも!?

ここではそんなスターの公称身長とファンが個々に感じた目測身長をご紹介します。


木村拓哉(SMAP):176cm

ファンの間だけでなく実際は、168cmもしくはあっても170cmくらいだというのが通説となっているようでした。


櫻井翔(嵐):171cm

子供の頃は身長が低かったと自ら語っているらしい櫻井翔さんですが、現在の身長は日本人の平均身長と同じまでに。

公称している身長も大きくサバを読んでいるという噂はないようでした。


GACKT(ミュージシャン):180cm

ミステリアスな雰囲気のGACKTさんは他の共演者との並びで、その身長が「偽証」だと言われることが多いようです。

ファンの間では170cmを少し超えるくらいという噂が多いようです。


榮倉奈々(女優):170cm

背が高いと言われる榮倉奈々さんですが、実際は170cm以上あるのではないかと「逆サバ読み」が疑われていました。


逆サバと言えばSMAPの中居正広さんも有名なところですよね。

また、俳優の小泉孝太郎さんの弟で政治家の小泉進次郎さんは自ら5cmのシークレットブーツを買ったことを週刊誌で語っていたそうです。


身長を偽証するのはなぜ?

イメージが大切な芸能人にとって現実と結びつく「数字」はなかなか手強い相手なのかもしれません。

一般的に浸透しているその数字が持っているイメージに合わせてプロフィールを制作するという技法は、なにも今に始まったことではないようです。


中でも身長に関しては、たとえば男性なら168cmと171cmではイメージが違うという意見が多いそうなんですよね。

前者では「なんとなく低く感じる」のに対して、後者なら「OKラインかな」なのだそう。

逆に女性の場合は「170cmを超えるとモデルとしてはOKだけど、他では身長が高すぎて敬遠されそう」という意見もありました。


このような一般社会にあるイメージに合うよう芸能人は身長を公表しているのでしょう。

つまり、そのくらい身長はそのキャラクターを左右するのだということが分かりますよね。