身長が低い方が有利になる職業

思うように背が伸びなかった場合、そのまま社会に出て背の高い人に囲まれてしのぎを削ることに不安がありますよね。

そこでコンプレックスを個性や条件に変えてしまう逆転の発想で、低身長が求められる有利な職業をピックアップしてみました。



身長が低いからこそ!


気ぐるみの仕事イメージ
着ぐるみの中の人

あの有名なディズニーランドではそれぞれのキャラクターに応じて身長上限を設けて募集しているそうです。

ディズニー以外でも着ぐるみの中をやる人は、おおむね身長が低いことを条件に求められることが多いようですね。


ジョッキー(騎手)
気ぐるみの仕事イメージ

競馬の騎手を育成する「JRA競馬学校」では、特に身長の制限は設けていないようですが体重制限が厳しい審査対象となるそうです。

その体重制限は「軽いほど良い」とされていますが、プロで活躍するにはかなりの筋肉を付けなくてはならず、そうなるとおのずと身長が低いほど有利となる職業だと言えるでしょう。


一部の接客業

有名なところでは舞妓さんの身長は低い方が有利だと言われていますよね。

気ぐるみの仕事イメージ

確かにあの日本髪に特殊な「おこぼ」と呼ばれる高さ10cmもあるぽっくり下駄を履くので、あまり身長が高いと可愛らしさが半減してしまうかも。


また、男性では不動産関係はなぜか身長が低い人が多い業界だと言われていました。

なんでも大きな金額をセールスするためお客様を見下ろすことのない方が有利だとか、内覧の時にも物件を広く感じさせることなどが利点になることもあるのだそうです。


一部の芸能関係
気ぐるみの仕事イメージ

意外なところではわき役専門の俳優や女優、もしくはスタントマンやエキストラがあります。

主役を引き立たせるために身長が低くてもしっかり演技やスタントのできる役者は需要が多いのだそうです。

また、かなり特殊ですがマジックショーの助手に身長の低い人が求められることもあるようです。


このように調べてみましたが、正直言って身長の低さを条件に挙げている有利な職業となると本当にごく一部に限られることになります。

一方、パイロットやキャビンアテンダント、警察官や消防士などは最低身長の制限が設けられていました(自治体や会社によって条件は異なる)。


一般的には低い身長を活かせる職業と高い身長を求められる職業を比べた時、高身長の方が職業の選択の幅が広いと言うことが分かりました。

とはいえ、社会で活躍していくのに多くの人は身長の差だけで判断されるものではありませんよね。

最終的には能力や実績、そしてその人の人間性が問われていくのですから。