身長を伸ばすための食事

健康的な食事を前にする子供

子供は日に日に成長していくものですよね。

その中には知識や考え方のような内面的なことから身長や体重、顔付などの外見的なことまで少しの間に大きく変わることもたくさんあります。

特に身長の伸び方には驚くべきものがあるではないでしょうか。

けれど、その一方では「他の子と比べて身長が低い」「伸び方が少ない」という心配もまた、同時に多くの親にとっては付いて回るものとなっているようです。


そこでここでは、身長を伸ばすための食事を考えて参りたいと思います。

「人間の身体は食べた物で作られている」、この基本を軸に身長に関わる栄養をご紹介します。



量ではなくバランス

「身長を伸ばす=骨を成長させる=カルシウムだ!」

という発想からでしょうか、昔は牛乳をたくさん飲んだり煮干しを食べると背が伸びるというようなことが当たり前に言われていました。

しかし前年ながら人間の身体はそんな単純にはできていませんよね。


これは全てのことに通じるのですが、「これさえ食べていれば万全」というような食物は存在していないと考えていいでしょう。

ただし、「これが不足していると健康が害われる」という栄養成分はたくさんあります。


つまりは、身長を伸ばす=カルシウムではなく、カルシウムは当然必要だけれどそれ以外にも骨の成長や筋肉の成長に大きく影響を与える大切な栄養成分はいろいろあるのだということを覚えておきましょう。

それでは具体的にどのような食材に含まれる栄養を摂取すればいいのでしょうか。



背の成長に欠かせない栄養成分とは?

食材選びを考える女性

骨や歯を作るのに欠かせない成分ですが、不足すると成人では骨粗しょう症の原因になり子供でも骨折しやすくなったり、骨の成長が未熟になったりします。

また、精神面ではイライラが強くなることも分かっている栄養成分なので、心の健やかな成長のためにも積極的に摂りたい成分と言えるでしょう。

しかも厚生省の調べでは、日本人に最も不足しがちな栄養成分だとも言われていました。


骨の形成に大きな役割を果たすだけでなく、糖質、脂質、タンパク質が体内で有効活用されるためにも必要な成分です。

カルシウムと密接な関係にあるので、カルシウムの補給量を増やすならマグネシウムの補給量も増やしましょう。


体内に存在する亜鉛の量は「微量」であるため20世紀半ばまでは軽視されていましたが、食糧事情の貧しい国の成長不全の子供に亜鉛を与えたところ、症状の改善が見られたことでその重要性が見直されました。

また亜鉛の不足は成長不全だけでなく味覚異常をもたらすことも分かっています。


ビタミンCは体内に留まることができないため、成長や健康を維持するためには一定量を毎日摂り続けなければならない栄養成分です。


人間が体内で作り出すことのできる唯一のビタミンだと言われていますが、そのためには紫外線を浴びることが必要です。


成長に必要な成分のひとつであるコラーゲンを作り出すことに関わるビタミンと言われています。

また、ホルモンバランスを整えることでも知られています。



ここに挙げたのはほんの一例ですが、このように子供の身長を含めた身体の成長に必要な栄養成分はひとつではないことがお分かり頂けたかと思います。

さらに大切なこととして、どれだけ摂取しているかだけでなく全体的なバランスも成長には重要なポイントとなっています。

加えて生活習慣として1日の食事量や食事回数にも気を配りたいですよね。