プロテインでは身長は伸びないのか?

子供の身体を大きくするためにプロテインを選ぼうとしていませんか?

骨が作られる元がタンパク質(コラーゲン)であるならば、タンパク質そのものであるプロテインを補給すればいいのではないかという考え方をお持ちでしたらちょっと待ってください。

はたしてプロテインで身長は伸びるのでしょうか?


プロテインをストップさせる手


プロテインとサプリの決定的な違い

そもそもプロテインとはご存知のように英語で「タンパク質」の意味ですよね。

けれど日本での「プロテイン」という言葉の響きには、「健康補助食品」すなわちサプリメントとしての要素が強く含まれているようです。


そのため肉や魚や大豆に含まれているタンパク質とプロテインは別物、あるいはプロテインの方が勝っているかのような錯覚を感じてしまうのですが、タンパク質であることには変わりがありません。

しかもプロテインは、原料となる牛乳や大豆からタンパク質だけを生成しているので純度が高い分その食品が持っているその他の健康成分は排除されています。


プロテインとサプリメント比較イメージ

一方サプリメントとは「健康補助食品」そのものとなりますので、大きな括りにするとプロテインはサプリメントの中に含まれるひとつの成分と考えていいでしょう。

つまりサプリメントとは、その目的に合わせて有効となる成分をバランスよくパッケージしたものです。


その目的とは

・日々を健康的に過ごしたい

・現代の食生活に不安がある

・体調管理に役立てたい

などの漠然としたものから「ダイエットを成功させたい」「老化を少しでも遅らせたい」「骨を丈夫にしたい」などのピンポイントまで様々あるでしょう。


これらそれぞれの目的によって選ぶことができるサプリメントの成分は、数多くのビタミンやミネラルそしてタンパク質などで構成されているという点がプロテインとの決定的な違いとなります。



選ぶならどっち?

それでは、そんな純度の高いタンパク質(プロテイン)を必要としている人とはどのような状態にある人なのでしょう?


アスリート
アスリートのイメージ画像

激しく肉体を酷使するスポーツをしているアスリートの筋肉を増強させたり、傷んだ筋肉繊維の修復を早めます。

スポーツ選手のようなアスリートにとって、タンパク質は一般的な活動をしている同世代より2倍以上の摂取量が求められますが、それを食品だけで補うと脂質量が過剰になってしまいます。


高齢者
老夫婦のイメージ画像

三大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質の中でも高齢になると特に不足しがちなのがタンパク質。

その原因は食が細くなって食べる量自体が減るのに対して、身体が必要とする栄養成分は一般成人とほとんど変わらないため特に肉や魚の摂取量が減少傾向にある高齢者にはプロテインは有効となります。


ダイエッター
ダイエットをしている人のイメージ画像

正しいダイエットを行うためには栄養バランスが取れた食事の中から不用な物を除いてゆくのですが、するとどうしても足りなくなるのがタンパク質。

そこで健康な身体作りのためにタンパク質の摂取のみに目的を絞り込んだプロテインは理想的なダイエット食品とも言われています。


いかがですか?

以上のことからもお分かりの通り、身長を伸ばすという目的のためにはタンパク質(プロテイン)単体よりも、必要な成分をバランスよく配合したサプリメントの方が優位だとご理解いただけると思います。

なぜなら背を伸ばすということは骨を伸ばすということであり、そのために必要な栄養成分はタンパク質(プロテイン)だけではないからですよね。