サプリメントの安全性について

安全性を示す女性

今やサプリメント大国アメリカにも決して引けを取らなくなった日本。

その証拠に内閣府消費者委員会によるアンケート調査では、何らかのサプリメントを「ほぼ毎日利用している」と答えた人が全体の約6割に達していました。


つまりそれだけ我々日本人にとってサプリメントは身近な健康食品であり、誰もが購入することのできる便利なアイテムと言っていいでしょう。

また、この数字から見えてくるものは、健康への積極的な働きかけと同時に毎日の食生活への不安ではないでしょうか。


そんな健康に対する不安を補ってくれるサプリメントですが、昨今ではその安全性が取り沙汰されることもありますよね。

では、実際に身長を伸ばすための成分を補えるサプリメントの安全性はどうなのでしょうか。



サプリメントとは

今さらですがここでもう一度サプリメントについて簡単におさらいをしてみましょう。

サプリメントとは栄養補助食品であり、現在の日本では「食品」に分類されるものです。

そしてサプリメントの先進国はアメリカであるという認識は、この数年間で広く浸透していますよね。


その理由として定着しているものに、アメリカの医療制度が挙げられています。

アメリカでは日本のように保険制度による医療費の負担割合で減額されるのは、条件が整っている一部の人に限られているそうです。

なので保険に加入していない人が、いざ病院にかかると大きな出費を余儀なくされ、そのために適切な処置が受けられなかったり早期発見のタイミングを逃してしまうという悲劇が後を絶ちません。


そこで注目されるようになったのが日頃からの健康維持です。

そのためには栄養バランスを整えることの重要性が呼び掛けられ、足りない成分を手軽に補える栄養補助食品すなわちサプリメントの需要が高まり、それに伴って法整備も進歩した歴史があります。

日本でもアメリカに追随する形でサプリメントに対する規制や整備が着々と進んでいるようです。



なぜサプリメントなのか?

なぜ今、サプリメントがこんなにも普及しているのかその理由を調べてみました。

すると食材の中でも特に野菜や果物の栄養成分が一昔前に比べて、その含有量が減少しているということに行き当たったのです。

それは奇しくも科学の進歩による弊害とも言える現象でした。


・露地栽培からハウス栽培や人工栽培による変化

・自然肥料から化学肥料への変化

・農薬の使用による土壌の変化


これらの変化によって野菜や果物は四季を問わずいつでもスーパーに並ぶようになり、またその見た目も美しく整うようになりました。

しかし、それと引き換えに本来の栄養成分に遠く及ばない内容の薄い作物が食卓に上がるようになってしまったのです。


野菜の栄養が減少しているイメージ画像

たとえば、ビタミンCの含有量だけを見ても、この50年間でホウレン草は約8割減トマトは5割減という数字が出ていました。

これでは到底食事だけでは成長期の子供に必要な栄養成分を満たせるとは考えられませんよね。

そこで、足りない分の栄養成分をサプリメントで補おうという発想が一般的になってきたというわけです。



安全かどうかの見極め方

そこで子供に与えるサプリメントを選ぶとき、その製品のクオリティや安全性をどのように見極めればいいのかをご紹介します。


  1. アレルギーを知っておく
  2. 原材料に子供のアレルゲンとなる素材が使われていないかのチェックをしてください。

  3. 添加物
  4. 不用と考えられる添加物は極力避けたいですよね。

  5. 品質管理
  6. どんなに優秀な素材を使っていても品質管理があやふやでは安全とは言えません。


その他、残留農薬や放射能検査などを定期的に行っているかどうかも判断基準となるでしょう。

サプリメントの安全性が問われている今だからこそ子供が毎日飲むことを前提にしたサプリメントは、これまで以上に品質と安全にこだわって万全を尽くしている会社だけが製造していると考えられますよね。


また、副作用についても注意が必要です。

サプリメントをたくさん飲めば早く結果が出るという間違った知識から、サプリメントを大量摂取し健康に悪影響を及ぼすということもあります。

副作用や注意点を正しく理解し、安全に身長対策を行っていきましょう。